株式会社ソーラーはポリエステルパテ、塗膜研磨剤、
シーリング材等の化学製品を製造販売しています。
株式会社ソーラー
PRODUCTS
製品一覧
TOPページ > パテ > ハイフレックス LP-960

ハイフレックス LP-960

パテ

工業

スプレー塗布可能な低粘度ポリエステルパテです。



詳細説明

スプレー塗布が可能

ヘラ付けしにくい箇所や大面積の表面調整に最適

専用の「うすめ液B」で希釈します

 

性能表

品種

LP-960

項目 条件

目視

白色
比重 20℃ 1.59
混合比(重量比) 主剤:硬化剤 100:2
厚付性 垂直面 2mm
セッティングタイム 8~15分
可使時間 20℃ 8分
研削可能時間 常温乾燥20℃ 65分
強制乾燥60℃ 5分+放冷5分
研削量 1h 3.6g
24h 1.9g

耐熱密着性

加熱時間30分

パテ付け1日後評価

 

SPCC 80℃
ボンデ
シルバーアロイ
シルバージンク
A5052P
SUS304

耐水密着性

40℃/7日浸漬

総合塗膜で評価

パテ・プラサフ・上塗り

SPCC △(3日後評価)
ボンデ ×
シルバーアロイ ×
シルバージンク ×
A5052P ×
SUS304 ×

*測定条件:主剤(標準タイプ)・硬化剤2% 温度20℃

*記載の特性値は保証値ではありません。

内容量:4kg 1ケース 4缶入

季節型:標準

硬化剤:0-5

 

スプレー塗布の場合

①主剤・硬化剤の計量

主剤100 : 硬化剤2で計量してください。(*重量比)

②うすめ液の混合

計量後の主剤にうすめ液Bを20~30%加え、均一になるまで撹拌してください。(まだ硬化剤は加えない)

③硬化剤の混合

①で計量した硬化剤をうすめ液Bで希釈した主剤に加え、均一になるように撹拌してください。

④スプレー塗布

口径1.8~2.5mmのスプレーガンを使用し、エアー圧0.3~0.4Mpa、スプレーガンの距離15~20cmの条件で塗布して下さい。

スプレー1回での膜厚は約100~200μです。塗布作業1回につき500μ以下になるように作業を進めてください。

膜厚が厚くなると硬化乾燥性が極端に遅くなり、場合によっては割れやふくれが発生する可能性があります。

膜厚を500μ以上にする場合は、パテ乾燥後(20℃で約1時間)ももう一度同様に塗布作業をしてください

ただし限界総膜厚は1000μ(1mm)となります。